伝統と新しい価値が出会う街

銀座通り
銀座明治以降、日本が誇る繁華街を維持してきた底力
銀座が最先端の街に生まれ変わったのは明治時代初期。明治5年(1872年)の大火で銀座の大半が焼失したのをきっかけに、道幅を広くして車道と歩道を分け、沿道には火事に強い西洋風煉瓦建築を並べた煉瓦街を建設。2階にはバルコニーが設けられるなど、斬新な西洋風の街が出現しました。
銀座4丁目交差点

「大東京絵葉書コレクションアルバム」所蔵:東京都江戸東京博物館

それを機に新しい煉瓦建築には、のちの毎日新聞社である東京日日新聞や読売新聞など数多くの新聞社が入居。マスメディアが集中したことも特徴でした。 明治半ばになると鉄道馬車や都電のもととなった市電が開通、いち早く喫茶店やカフェが現れ、流行の最先端を担う東京一の繁華街に。銀座四丁目の交差点に最初の時計塔が作られたのもこの頃です。
東京銀座煉瓦街日報社

「東京銀座街日報社」所蔵:江戸東京博物館

関東大震災で大きな被害を受けるものの、今度は鉄筋コンクリート建築が立ち並び、百貨店や銀行も進出。モボ・モガ(モダンボーイ、モダンガール)など新しい流行も生み出し、いち早く西洋風の文化を浸透させていきました。 現在は昭和7年(1932年)に建設された2代目時計塔や老舗百貨店と、最新のハイテクビルや最先端のストアが建ち並ぶ、歴史と未来が共存する日本を代表する繁華街として発展しています。
江戸時代からの老舗と最新商業施設が融合する日本橋

[平和記念東京博覽會絵ハガキ張込帖] 2 新大東京名所 Greater Tokyo「日本橋 Nihonbashi Bridge」所蔵:東京都立中央図書館

日本橋江戸時代からの老舗と最新商業施設が融合する街
日本橋はいわずと知れた江戸時代の五街道の起点。現在も日本の道路の原点であり、明治44年(1911年)に建設された橋の中央には「日本国道路元標」が埋め込まれています。 江戸時代は江戸随一の河岸として商業地帯として大賑わいを見せ、明治以降はすぐ近くに日本銀行が作られたこともあって多くの銀行が進出しました。 今では江戸時代から続く老舗の商店、日本橋にあった三井越後屋をルーツとする日本橋三越といった老舗からコレド室町やコレド日本橋といった最新のショッピングビルが並び、江戸情緒と最先端の流行を同時に楽しめる大人の繁華街として賑わいを見せています。また、日本橋のたもとからは水上クルージングも出ており、日本橋川の水運で発達した東京の様子を楽しむこともできます。
芝居小屋から映画館へ、庶民の娯楽を引き受けてきた浅草

[平和記念東京博覽會絵ハガキ張込帖] 2 新大東京名所 Greater Tokyo「浅草公園六区活動街 Cinema shows at Asakusa Park」所蔵:東京都立中央図書館

浅草芝居小屋から映画館へ、賑わい続ける庶民の娯楽地
浅草は古くから庶民の街。推古天皇の時代に創建と伝わる観音様の浅草寺を中心に、江戸時代よりずっと前から隅田川の水運や古街道によって賑わっており、江戸時代も庶民の街として、芝居小屋が建ち並びました。 明治になると浅草寺周辺は浅草公園として整備され、南西にある「六区」は演劇の街、さらに日本初の活動写真館「電気館」以降は、映画館街として大衆娯楽を支えてきました。 明治23年(1880年)には12階建て、日本初のエレベーターを採用した展望施設「浅草凌雲閣」も完成。関東大震災で崩壊するまでその眺望を誇っていました。 雷門からの参道に江戸時代に設けられた「仲見世」は、今でも昔ながらの土産物店や和菓子店が並び、国内外の観光客で混みあっています。